FC2ブログ
2020. 03. 18  
このところ連日、聖書を通して、神様から特別な語りかけをいただいています。

昨日は、疲れて一休みで、なにげなく手にした聖書のページが、詩編145編でした。

「主は恵みに富み、憐れみ深く、忍耐強く、慈しみに満ちておられます。主はすべてのものに恵みを与え、造られたすべてのものを憐れんでくださいます。(詩編145:8-9)」

しばらく、魅入られたように、御言葉にとどまったものでした。

今朝は、歴代誌下20章を読んでいました。新しい聖書協会共同訳で読んでいます。

以前にも紹介したでしょうか。このヨシャファト王の祈りに、改めて自分の心を合わせることができました。

「私たちの神よ、どうか彼らを裁いてください。私たちに向かってくるこの大軍を前にして、私たちには力がなく、何を行うべきか分からず、ただあなたに目を向けるのみです。(歴代誌下20:17)」

新共同訳では最後のところが、「ただあなたを仰ぐことしかできません」でした。

本当に、今の私の思いがそのまま映し出されていました。

この祈りに対し、主の霊が臨んだヤハジエルが答えます。

「・・・耳を傾けよ。あなたがたに対し、主はこう言われる。この大軍を前にしても恐れてはならない。おののいてはならない。これはあなたがたの戦いではなく、神の戦いである。

・・・戦う必要はない。しっかり立って、主があなたがたを救うのを見なさい。(20:14-17)」


共に祈りましょう。

主よ、無力を思わされる日々です。なすべきことがたくさんありすぎて、途方にくれるような気持ちでいました。でも、心の曇りが少し晴れた思いです。自分にできることを、ひとつひとつ、焦らずなしていきます。すべてを支え導いてください。主よ、あなたが私たちを救ってくださるのを、しっかりと目撃させていただきます。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年3月19日 御言葉のプレゼント
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR