FC2ブログ
2020. 03. 26  
皆様、おはようございます。今週月曜日に、茅ヶ崎市に引っ越しをして、昨日まで荷ほどきに奮闘しておりました。

ようやく一区切りつき、ネット環境も整って、メールもできるようになりました。

次の主日は勝田台での最後の礼拝奉仕になりますので、祈りをもって備えたいと思います。

この三年ほど、改革派教会の教案誌のカリキュラムに従って、礼拝説教テキストを選んできました。

そういう中で、この最後の一か月がアブラハムの物語が示されたことに、いわく言い難い、不思議な導きを覚えてきました。

最後は創世記22章のイサク奉献の記事です。

「焼き尽くす献げ物の小羊はきっと神が備えてくださる。(創世記22:8)」

私たちのために、小羊イエス・キリストを備えてくださった神が、きっとすべてを備えてくださる。

「わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。(ローマ8:32)」

今度の説教は、この御言葉を中心に、思い巡らすことになるのだと思います。

共に祈りましょう。


愛する主よ、依然としてウィルスの脅威は消えず、むしろいよいよ高まってきているような今週の日々でもあります。激しい嵐の中でもまれるような思いで、日々を過ごしています。主よ、あなたが私たちの助けです。十字架において示されたあなたの愛を、疑うことはありません。主よ、今日も私に、そして愛するひとりひとりに、必要なすべてを備えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年3月27日 ローマ8:32
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR