FC2ブログ
2020. 04. 07  
緊急事態宣言が出されるということで、ウイルスの猛威に気持ちもふさぎがちな日々です。でも、まもなくイースター、命が勝利した日です。

十字架の悲しみの中で太陽を覆った闇も、やがて光に凌駕されて、復活の希望の朝にいたります。

4月より、このブログ・配信を「日々の祈り」と名前を変えて、再開したいと思います。

まだ本格的な再開は、来週以降にお待ちください。今週は今日だけ、予告コマーシャルのような感じで(笑)。


湘南では、先の主日は30名を超える出席で、4年の無牧の時を耐え忍んだ皆さんの喜びにあふれていました。

残念ながら、次の主日のイースター礼拝からは、「礼拝に集まる」のをやめることを忍耐し、牧師と長老以外は自宅で礼拝を守っていただくことになりました。

本当はこのような時こそ、神の家族が集まって励まし合い(ヘブライ10:24-25)、「一人の人」のようになる一致をもって(ネヘミヤ8:1)、この試練を乗り越えたいのです。

しかし、今は忍耐の時です。

でも、聖書の言葉遣いにおいて「忍耐」とは、やがて必ず訪れる希望の時の到来を待ち望んで、今の時を迎え撃つという積極的な信仰の姿勢をいいます。

「わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。(ローマ5:4-6)」

皆さんそれぞれに、教会においても、日常の生活においても、忍耐の時を過ごしておられることでしょう。

しかし、今の時は、特別な意味のある試練の時です。今こそ、主に信頼して、地上の生命よりもはるかに大きな希望を見上げましょう。
神の愛は、確かに私たちに注がれています。


共に祈りましょう。

主よ、私たちの時代に与えられたこの試練の意味を、どうかはっきりと悟らせてください。あなたは生きておられます。今この時に、私たちがあなたに立ち帰り、なすべきことを忠実になすことができますように。どうぞこの忍耐の時が、かえってひとりひとりの霊性を高めますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年4月12日イースター 詩編91篇
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR