FC2ブログ
2012. 09. 22  
今週は「柔和な者の幸い」を覚えながら歩んできました。

「終わりに、皆心を一つに、同情しあい、兄弟を愛し、憐れみ深く、謙虚になりなさい。

悪をもって悪に、侮辱をもって侮辱に報いてはなりません。かえって祝福を祈りなさい。祝福を受け継ぐためにあなたがたは召されたのです。(Ⅰペトロ3:8-9)」

週の最後の日、仕える心をもって、今週共に歩んだ人々のために祝福を祈りましょう。

夫や妻のため、子のため、親のため、同僚のため、近所の方のため、今関わっている方のため、昨日出会った方のため、また、今週も共に祈りあってきた教会の仲間たちのために、祝福を祈りましょう。

私たちを傷つけた方のためにも、祝福を祈ることができればいいですね。

私たちの心が、そのようにして柔和に砕かれていくなら、その分だけ、神の恵みが染み込みやすくなるのです。

共に祈りましょう。

主よ、あなたはこんな私たちのために、今週も祝福を注いでくださいました。ありがとうございます。

あなたの祝福をますます豊かに味わえるように、このかたくなな心を砕いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2012年9月25日 マタイ7:7-8
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR