FC2ブログ
2020. 05. 29  
次の主日は、ペンテコステ記念礼拝です。ペンテコステは、教会の世界宣教のスタート地点とも言えます。

ちょうどローマ1:14-15が、それにふさわしい御言葉ですので、「すべての人に福音を」との題で分かち合います。

並行して読む旧約聖書のヨナ書4章の御言葉については、まったく触れることができませんので、ここで少しだけ。

ヨナという預言者はアッシリア帝国の首都ニネベに行って、人々に悔い改めを迫れと神様から命令を受けるのですが、嫌だと言って逃げようとするのですね。

それは、ニネベの都が悔い改めて滅びを免れるようになるのを、彼が望まないからです。そうなってほしくないのです。

アッシリアというのは残虐な帝国で、イスラエルも苦しめられてきました。そんな悪い連中が、悔い改めることで神の裁きを免れるなんて赦せない。

だから嫌だ、やりたくないと逃げる。でも結局ニネベに行かされて、町中を歩き回って悔い改めを迫ると、みんな掌返して悔い改めると言い出しまして、滅びを免れる。

それでヨナはむくれてしまう。だから嫌だって言ったじゃないですか。神様はそうやって赦してしまうって分かっていたんだと文句を言う。

でも神は、「まあそう言うな」と、お前にとってトウゴマの木が惜しいように、私にとってニネベの都が惜しいのだと、ヨナを諭されます。それが4章です。

現代のニネベ、それは東京であり北京でありニューヨークかもしれません。そこには、「右も左もわきまえない」何千万もの罪深い魂がうごめいている。

でも、みんな救われるべき人です。神はその独り子をお与えになるほどに、罪深いニネベを愛されました。それは、独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためです。

そのために、独り子を与えてくださった。送ってくださった。それが、神ご自身の「世界宣教」の熱情の根源です。

キリストの教会は、その熱情に押し出されて、世界のすみずみにまで福音を伝えるのです。


共に祈りましょう。

主よ、今、ウィルス感染の問題ゆえに、人との出会いが制限されてしまったこの時代、福音の宣教の難しさを覚えています。でも、この時代ゆえに、人々は自分たちが抱えていた根源的なあやまちに気づき始めていることも感じています。あなたが定めておられる、悔い改めの時であるのかもしれません。どうぞ主よ、貧しい器を用いてくださって、あなたの世界宣教を進めてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR