FC2ブログ
2020. 05. 30  
土曜日は「あさのことば」の原稿書きにお付き合いください。

詩編に導かれて祈る。今日は詩編36篇です。

「神よ、慈しみはいかに貴いことか。あなたの翼の陰に人の子らは身を寄せ、あなたの家に滴る恵みに潤い、あなたの甘美な流れに渇きを癒す。命の泉はあなたにあり、あなたの光に、わたしたちは光を見る。(詩編36:8-10)」

では、ご一緒にお祈りしましょう。

神様、私たちのこの地上世界は、まことに悪に満ちているということを感じさせられています。

私たち一人一人の心の奥にささやきかけてくる、恐るべき悪の声にコントロールされて、悪魔のようになってしまっている人がたくさんいます。

ひどい言葉で誹謗中傷して、誰かを傷つけることを喜びとしている人がいます。

為政者たちは平気で嘘をつき、真実から目を遠ざけて、くだらないプライドを守ろうとします。

みんな、自分が正しいと思っているのでしょうか。そこには、あなたへの恐れなど少しも感じられません。

それぞれが、自分の目に自分を偽っているから、自分の悪を認めることも、それを憎むこともできないのです。

神様、そんな人間の世界に生きていると、心がよどんでしまいそうです。

私もまた悪のささやきに負けそうな罪人です。主よ、あなたを見上げます。

この心の苛立ちを、魂の渇きを、あなたのもとで癒してください。命の泉はあなたにあります。

主よ、あなたのもとに光があります。

この世界には闇しかありませんが、あなたの光に、私たちは光を見るのです。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR