FC2ブログ
2020. 06. 30  
先の主日はローマ1:28-32を分かち合いました。説教録画はこちらです。湘南恩寵教会2020年6月28日主日礼拝説教 ローマ1:24-32②「悪いと知っているのに」

「主の十字架の愛が迫る説教でした」と、編集してくださった長老のご感想です。説教者自身、主イエスから魂に触れていただいた感触が、今も残っています。ぜひ、たくさんの方に聞いてほしいと思います。

改めて28節を振り返ると、「彼らは神を認めようとしなかったので、神は彼らを無価値な思いに渡され、そのため、彼らはしてはならないことをするようになりました。」

原文を見ると「彼らが神を知ることを“役に立たない”と考えたので、神は彼らを“役に立たない”心に引き渡されました。」という具合に、「役に立たない」という言葉を重ねて、皮肉な言葉遊びがされています。

「神を知ることは役に立たないと考えた」というのは、「自分たちにとって不合格、必要ない」と判断したということです。

被造物である人間が、造り主である神様に対して「あんたの存在は不合格!!」とつきつけるなんて、なんと身の程知らずなサカサマ状態・・。

こういう傲慢に対して、神は今、これ以上何を言っても無駄だからと、ほったらかしにして静観しておられる。それが先週から確認してきたことでした。

そうして人間は、「役に立たない、無価値な、くだらない」心に引き渡され、その心のおもむくままに、「してはならない」ことを繰り返しながら、どんどんと破局をおのれへとたぐりよせている。それが、パウロによる世界の見方です。


共に祈りましょう。

主よ、あなたがいるのかいないのかと、問いかける私たちの弱さを憐れんでください。あなたが生きて存在しておられることを、今日もはっきりと教えてください。また、あなたが要るのか要らないのかなどと問う、私たちの愚かさを赦してください。まるで、あなた無しでも生きていけるかのように、傲慢になってしまった時代です。でも私は知りました。あなたが共にいてくださらなければ、私はもう一歩も歩けないということを。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年7月1日 してはならないこと
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR