FC2ブログ
2013. 04. 24  
ホームページに「わたしを支える言葉」というコーナーを設けました。

皆様の声を少しずつ紹介していきたいと思っています。

ある姉妹は、Ⅱテサロニケ5:16-18の有名な言葉をあげてくださいました。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。」

このような命令形はきつい印象がありますが、ユダヤ人の感覚では違います。

むしろ、親が子を抱きしめながら、「大丈夫、大丈夫」と、あたたかく語りかけている絵をイメージしてください。



「わたしは86年間あの方に仕えてきましたが、あの方がわたしを苦しめたことなど一度もありません。」

これは、ポリュカルポスという殉教者が、背教を迫るローマ総督に言った言葉です。

そうです、主は、決して悪いようにはなさいません。

だから、いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。


共に祈りましょう。

愛する主よ、暗く長いトンネルの中でも、あなたを見上げる心をください。希望の光を見てとる、霊の目を開いてください。この惨めな心に、喜びと祈りと感謝を満たしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年4月25日 Ⅱコリント1:8-10
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR