FC2ブログ
2013. 05. 11  
レビ記11章には、細かな食物規定が記されています。

食べていいものといけないものが区別されています。

新約時代にあっては、もはやこの食物規定は意味をなしません(使徒言行録11章のペトロの幻を参照)。

しかし旧約時代には、毎日毎日の食事が、「聖なる者」としての自覚を磨く訓練でした。


「わたしはあなたたちの神になるために、エジプトの国からあなたたちを導き上った主である。わたしは聖なる者であるから、あなたたちも聖なる者となりなさい。(レビ11:45)」と、神は言われます。

実は「聖」とは自明ではなく、ここでも、清いものと汚れているものの線引きは、よく分かりません。

しかし大事なことは、聖なる神が「聖である」と定めることに、ただ忠実に聴き従っていくことなのでしょう。

そこに、神の聖にあずかる道が開けるのです。

私たちは今、聖なる神が「聖である」と定めてくださった本を手に取っていますね。

他の本ではなく、この聖書から毎日毎日の霊の糧を得るなら、聖への道も必ず開かれることでしょう。


共に祈りましょう。

聖なる主よ、今週もここまでの歩みを導かれて感謝します。イエス様のように自由に、のびやかに、聖なる者として生きることにあこがれます。どうか主よ、今日も聖化の恵みを豊かに与えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年5月14日 レビ12:1,2
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR