FC2ブログ
2013. 05. 30  
昨日、ある姉妹と冗談話をしていました。

クリスチャンには、傍から見ると「お払いしてもらったほうがいい」と言われちゃいそうな人が多いかも、と。

きっと私たちは不幸だと思われているんでしょうね、と。

確かに、私の経験上も、そういう方は多いかもしれないですね。

それは、やはり悪魔による大きな試みに、いつもさらされているからと言えるでしょう。

もう一方で、もっと大きな目でとらえれば、それは、その不幸を通して、神の業があらわれるためです。



「さて、イエスは通りすがりに、生まれつき目の見えない人を見かけられた。 弟子たちがイエスに尋ねた。「ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも、両親ですか。」 イエスはお答えになった。「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。(ヨハネ9:1-3)」

生まれつき目の見えないというハンデを背負った方を見て、人々は「なぜこんな不幸が?バチが当たったの?」と問いました。

イエス様は、そんな問いを一蹴されます。

そして、そんなことより、その不幸の意味を・・、不幸が与えられた目的を考えなさいと言われます。

世の人が不幸と決め付けるこの人を用いて、神がこれから何をなそうとしておられるのかを、よく見なさい・・・。

試練に苦しむ私たちを通して、今日、どんな神の業があらわされるのでしょう?

さあ、心を高くあげましょう。


共に祈りましょう。

主よ、あなたを信じます。あなたにおゆだねします。私たちのすべてを知っていてくださるあなたが、私たちのために用意してくださっているご計画によって、あなたのご栄光をあらわしてください!!どうか主よ、試練の中にある方々を今日も支えていてください。



スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年5月31日 詩篇16篇
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
No title
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR