FC2ブログ
2013. 06. 07  
だれの言葉か忘れましたが、私のメモ帳に載っている言葉があります。

「眠ることだけが幸せだ、死ぬのはさらによい。しかし最もよいのは生まれないことだ。」

そんな空しい気持ちに沈んでしまう時が、私たちにもあるかもしれません。

しかし、たとえ自分自身が、生まれてこなければよかったと思っても、神はそう思っておられません。

神はあなたの存在を望んでおられます。それが聖書の伝えていることなのです。


「神は言われた。『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。』(創世記1:26)」

ほかの動物を創造される際には、こんな風に「造ろう!!」とは言われていません。

神様ご自身の中で、問いかけている「われ」と答える「われ」がいらっしゃいます。

この両者が深く思いを巡らした末に、完全にひとつに練り上げられた答えとして「よし、我々は人を造ろう!!」と言っておられるのです。

それほどの強い決意がここには示されています。

私たち一人一人は、このようにして神に強く望まれて産み出され、今日も生かされているのです。


共に祈りましょう。

愛する主よ、自分自身をぞんざいに扱ってしまう私たちの罪を赦してください。今日もあなたに創造された喜びを、豊かに味わわせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年6月8日 創世記1:27
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR