FC2ブログ
2013. 06. 15  
今週私は、役員修養会などで実にたくさんの方々と話をし、励ましも与えられました。

そんな中で、ある牧師が教えてくださったことをお伝えします。


今、冬のような厳しい時を迎えている人がいるでしょう。

そういう方は、今が冬であることを認めましょう。

春に若葉を出すためには、冬に葉を落とすことも必要です。

人は、自分の力では季節を変えられません。天の父が、ふさわしい時に春をもたらしてくださいます。

だからジタバタしないで春を待ちましょう。

しかしそれは、何もしないであきらめるということではありません。

箴言20:4にこうあります。「怠け者は冬になっても耕さず、刈り入れ時に求めるが何もない。」

冬に葉を落としているからといって、木は死んでいるわけではありません。

だから、しっかりと土を肥やし、手入れをしてあげる必要があります。

冬の次には、必ず春がすぐそこに待っているからです。



・・・・さて、今の皆さんにとって、「耕す」とは何をすることでしょうか?

それぞれにじっくりお考えください。



共に祈りましょう。

主よ、私たちそれぞれが、それぞれの冬を迎えています。教会もまた冬の季節を迎えています。どうかそれぞれにふさわしい知恵と力を与えてくださって、冬の間によく耕すことができるようにしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年6月18日 サムエル記上20:42
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR