FC2ブログ
2013. 06. 21  
いい映画やいい歌というものは、理解不能な部分が必ずあるものだと、昨日妻と話していました。

自分がこれまで考えてきたことや知っていることの「中」でおさまるものではなく、その枠の「外」にあるものこそ、本当に観るべきもの、聴くべきものです。

小さい自分の内側で、「よく分かる」ことばかり受け取っていても、自分の器が大きくなっていきません。

むしろ、どんどん小さく貧しくなっていく。


イエス様の言葉も平易で分かりやすいですが、本当は決して「よく分かる」ものではありません。

イエス様はいつも、わたしたちが聴いたことのない福音を伝え、考えたことのない新しさへと引き上げようとしてくださいます。

考えてみるとこの言葉も、謎のような言葉です。

「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。(ヨハネ15:12-14)」

今日はこのまま、「よく分からない」まま受け取って、みなさんの心に蓄えてください。



共に祈りましょう。

主よ、あなたの示してくださった愛は、わたしたちの思いを超えていて、とても把握することができません。大いなるあなたにすべてをゆだねます。主よ、わが友よ、今日もわたしたちを良く導きたまえ。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年6月22日 ヨハネ15:15
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR