FC2ブログ
2013. 09. 17  
H長老がヘルニアの手術のために、今日から土曜日まで入院されます。お祈りください。

H長老は、今年に入って次から次へと病が与えられ、私ならば滅入ってしまいそうだなと思います。

「いつまでこんな日々が・・」と、嘆きたくなる時があります。

「ちょっと疲れてしまった・・」という方や、気持ちが落ち込んでいる方のことを思いながら、詩篇を読んでおりました。

心にとまった御言葉を、いくつか紹介いたします。

(詩篇56:9)
あなたはわたしの嘆きを数えられたはずです。
あなたの記録に、それが載っているではありませんか。
あなたの革袋に、わたしの涙を蓄えてください。

切ない訴えですね。でも大丈夫です。主は確かに、私たちの嘆きを覚えていてくださいます。

(詩篇37:23-24)
主は人の一歩一歩を定め
御旨にかなう道を備えてくださる。
人は倒れても、打ち捨てられるのではない。
主がその手をとらえていてくださる。

そうです。主はあなたをもう二度と、見放したりされません。

(詩篇34:20-21)
主に従う人には災いが重なるが
主はそのすべてから救い出し
骨の一本も損なわれることのないように
彼を守ってくださる。

私たちには災いが重なります。でもそのすべては、主が手の届く範囲内にあるのです。


共に祈りましょう。

大いなる主よ。小さな私たちが、今日ももがき苦しむのを、どうか憐れんでくださって、助けの手をさしのべてください。今、心の沈んでいる者がいましたら、上からの光で照らしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年9月18日 Ⅰペトロ2:24
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR