FC2ブログ
2013. 09. 20  
今週の日曜日の説教の中で、Ⅰテモテ1:12-17にあるパウロの回想を分かち合いました。

恐るべき迫害者であった罪深い私が、主の無限の愛と忍耐によって救われたのだと、感謝に胸を震わせています。

「16節 しかし、わたしが憐れみを受けたのは、キリスト・イエスがまずそのわたしに限りない忍耐をお示しになり、わたしがこの方を信じて永遠の命を得ようとしている人々の手本となるためでした。」


今、信仰の喜びの中にある方は、ご自分が主から離れていた時を思い出してください。

主は、そんなあなたを、無限の愛と忍耐で見守り続けていてくださいました。

あなたの感謝と喜びが、今日、あなたの大切な方のために、見本として用いられますように。


今、信仰の喜びが分からないという方は、覚えていてください。

主は、あなたがどんなにかたくなでも、否んでも、背いても・・

無限の愛と忍耐で、ずっとあなたの帰郷を待っておられます。


共に祈りましょう。

主よ、あんなに心冷めて、正義を知らなかった者が、あなたによって赦され、新しい人生を始めていただきました。本当にかたじけなく思います。主よ、私の愛する方々にも、あなたと共に生きる喜びを豊かにお与えください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年9月21日 Ⅰコリント13:4
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR