FC2ブログ
2013. 10. 19  
Ⅱテモテ3:1-5にこのような言葉があります。

「しかし、終わりの時には困難な時期が来ることを悟りなさい。そのとき、人々は自分自身を愛し、金銭を愛し、ほらを吹き、高慢になり、神をあざけり、両親に従わず、恩を知らず、神を畏れなくなります。

また、情けを知らず、和解せず、中傷し、節度がなく、残忍になり、善を好まず、人を裏切り、軽率になり、思い上がり、神よりも快楽を愛し、信心を装いながら、その実、信心の力を否定するようになります。こういう人を避けなさい。」


皆さんも一週間、このような人たちの中に囲まれて、生きてこられたのだと思います。

昨日私も、「お金が全部解決してくれるよ」という声に触れました。

冗談交じりの何気ない声でしたが、なぜか心に深い悲しみを覚えました。

世の大多数が大きな流れを作って、「人間」をおとしめていきます。

まさしく、「終わりの時」を迎えているかのようです。

そのような時代の中から、皆さんは主に選ばれ、命の道へと招かれています。

こんな時代だからこそ、狭く細い道を、大事に歩んでいこうとする人々が必要なのです。


共に祈りましょう。

主よ、私たちの内にも深い罪があり、周囲の人を見下すことなどできません。主よ、今週のここまでの歩みを赦してくださり、そして作り変えてくださり、地の塩、世の光としてください。狭く細い命の道を歩んでいく力をください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年10月22日 テトス2:14
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR