FC2ブログ
2013. 10. 29  
日曜日には、山上の説教のようなイエス様の言葉を「ちゃんと聞く」信仰の大切さを教えられました。

ちゃんと聞くと、生き方も変わっていかざるをえません。

自分の感覚にぴったりこなくても、イエス様の言葉のほうに自分の感覚を合わせていきませんか。

イエス様の言葉によって、自分が変えられていく・・・。

今週は、その方向性をもって歩んでいきたいのです。

エレミヤという預言者は、神様の言葉のとおりに行動することを嫌がり続けたのですが、ついには観念しました。

「主の言葉は、わたしの心の中、骨の中に閉じ込められて、火のように燃え上がります。

押さえつけておこうとして、わたしは疲れ果てました。わたしの負けです。(エレミヤ20:9)」



教えの通りにできないなと悩んだり、現実にどのように適応すればいいかの解釈に、各自の違いが出るということはあるでしょう。

でも私たちは、悩みながら、迷いながら、時に抗いながら・・・、

イエス様の言葉のほうに自分の生き方を合わせていくという、根本的な方向性を大事にしたいと思います。


共に祈りましょう。

主よ、大いなるあなたの、大いなる知恵と力に満ちた聖書の言葉は、私にとって違和感を感じることもいっぱいあります。主よ、この心を砕いてくださって、今日も、御言葉をちゃんと聞けるように導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年10月29日 詩篇136:1-5
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR