FC2ブログ
2013. 10. 30  
ここのところ、病に向き合う方と共に祈ることが多くなりました。

ある方は、これまでは当たり前だと思って、神様に感謝してこなかったことが、あまりにも多かったと悔いておられました。

ふつうに食事ができること、眠れること、歩けること・・すべてに感謝をすることを、今教えられている・・。

そんな思いで、今与えられている病にも、感謝をもって向き合おうとしておられます。


詩篇136篇の冒頭を紹介します。

「恵み深い主に感謝せよ。慈しみはとこしえに。

神の中の神に感謝せよ。慈しみはとこしえに。

主の中の主に感謝せよ。慈しみはとこしえに。

ただひとり、驚くべき大きな御業を行う方に感謝せよ。慈しみはとこしえに。

英知をもって天を造った方に感謝せよ。慈しみはとこしえに。・・・」

手元に聖書があれば、ぜひ全部お読みください。

「感謝せよ」との言葉をちゃんと聞いて、その通りに行う・・。

そんな風に「聞いて行う人」は、神のとこしえの慈しみを思い起こし、揺らぐことなく立つ人です。


共に祈りましょう。

父なる神よ、あなたの永遠の慈しみに感謝します。どうかこの一日、信仰弱い私たちを励まして、すべてのことにあなたの恵みを見出させてください。

病と向き合っているお一人お一人にも、あふれる感謝と信頼の思いを与えてください。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年10月31日 創世記12:1-2
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR