FC2ブログ
2013. 10. 31  
昨日の祈祷会では、創世記12章のアブラムの旅立ちを共に読みました。

「あなたは生まれ故郷、父の家を離れて、わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし、あなたを祝福し、あなたの名を高める。(創世記12:1,2)」

アブラムは、神様の祝福の約束に乗っかるようにして、住み慣れた古い世界を捨てて、新しい世界へと旅立ちました。

約束の場所は「わたしが示す地」です。

そこは、神様には見えていても、アブラムにはまだ何も見えていません。

まったく先が見えない不安の中で、祝福を約束してくださった神様に、ただ信頼して歩みだしました。


ある姉妹は、ご自分のこれまでの歩みを振り返って教えてくださいました。

不安なことや、試練もいっぱいあったけど、確かに祝福を味わいながら歩んでくることができた・・・

いつも振り返ると、「ああ、神様は、ここに来なさいって私を導き続けてきてくださったんだな」って分かってくる・・・

私には見えない希望の未来を、神様はしっかり見ていてくださって、必ずそこに連れて行ってくださる・・・


今日も、どんな一日になるのか、まったく先が見えない不安があります。

でも、神様は必ず約束どおり祝福し、最善の導きを与えてくださいます。


共に祈りましょう。

主よ、私たちは、今日も不安を抱えている者たちです。でも、あなたを信頼して、勇気をもって歩ませていただきたいと願います。主よ、信仰を励ましてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年11月1日 エレミヤ17:14
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR