FC2ブログ
2013. 11. 14  
今日は、ただ自分自身のために、エレミヤ書の1章を読み返しています。

神学生として悩みの中にあった時、4~8節の言葉を通して、牧師として立つ勇気を得ました。

今日は特に、5節だけ紹介します。

「わたしはあなたを母の胎内に造る前から、あなたを知っていた。母の胎から生まれる前に、わたしはあなたを聖別し、諸国民の預言者として立てた。」

エレミヤのような大預言者の召命と、私の召命は違います。でも神は、私のことも同じように、生まれる前から知っていてくださって、クリスチャンとして、そして牧師になるようにと、選んでいてくださったんだなと、この言葉から教えられました。


どうしてこんな私が、神学校になんか来てしまったのだろう?来てよかったのだろうか・・?

自分の内面的な大きな欠けに悩み、同時に働きの困難さから逃げたくなっていましたが、「これは神が私に用意しておられた道なのだ」と、覚悟して受け入れることにしました。

神に選ばれた、・・・それだけが私のよりどころです。

「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。(ヨハネ15:16)」


共に祈りましょう。

主よ、あなたは私たちを創造し、選び、こうしてあなたとの出会いへと導いてくださいました。あまりにも不思議な導きを思い起こします。この先の道も、あなたが導き開いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年11月15日 マルコ4:35-41
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR