FC2ブログ
2013. 11. 16  
昔の旅人は、道に迷ったら北極星を見上げたそうですね。その星は、いつも変わることなくそこにあって、方向を修正させてくれる。

私たちも、信仰の旅路の途中で迷ってしまったら、神を見上げねばなりません。

人を見てはいけません。地上のことばかり見すぎてはいけません。

いつも変わることなく、永遠に輝き続ける希望の光を見上げましょう。

一週間の旅路の中で、迷って、悩んで、混乱して、疲れてしまった心をリセットして、神を見上げるのです。

そして、「私たちはどこから来てどこへ行くのか」を確認させていただくのです。

週に一度、日曜日に集まって礼拝するのは、そんなリセットのためでもあります。


アブラハムも、旅から旅へと動きながら、節目ごとに祭壇を作り、主なる神に礼拝をささげました。

「 アブラムは、そこからベテルの東の山へ移り、西にベテル、東にアイを望む所に天幕を張って、そこにも主のために祭壇を築き、主の御名を呼んだ。(創世記12:8)」

礼拝に来ることのできない方もいらっしゃると思いますが、それぞれの時間を取り分けて、「主の御名を呼ぶ」ことに努めてください。

道を見失ってしまわないように・・・。


共に祈りましょう。

主よ、今週も色んなことがありました。嫌なこともありました。疲れたり、動揺したり、イライラしたり・・自分の弱さが悲しくなります。主よ、あなたを見上げさせてください。この心を、永遠の光で照らしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年11月19日 マタイ8:5-13
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR