FC2ブログ
2013. 11. 26  
日曜日には会員総会があり、新しい長老としてI兄が選出されました。

今後、小会での試問を経て任職されますが、重い召しに応えようとしている兄弟の励ましのために、祈りをあつくしてください。

奥様のM姉は1月に出産を控えています。安産と、ご家族の平和をお祈りください。

また、Kくんが、日曜日以来発作を繰り返し、発熱もあって不安定な状態です。癒しをお祈りください。


****
昨日、お休みをいただいて、高畑勲監督のアニメ映画「かぐや姫の物語」を観て来ました。大変美しい映画でした。

心に残ったのは、「天からの思し召しじゃ」と姫を愛し育てていく翁の姿です。

日本人の宗教観を理解するためには、八百万の神々とか、先祖崇拝などを考える以上に、この「天」という概念を考えることが大切だったのだと、ハっと気付かされた思いです。

それは聖書で言う「天」とは違うもので、私たちにとっての「神」に少し通じるものがあります。

しかし決定的に違うのは、聖書の神は、言葉を通してご自分の思いを表してくださる神であることです。

「神は、かつて預言者たちによって、多くのかたちで、また多くのしかたで先祖に語られたが、この終わりの時代には、御子によってわたしたちに語られました。(ヘブライ1:1-2)」

この、「語られた」神の言葉が、聖書に確実に記録されています。

かぐや姫の翁は、物言わぬ「天」の「思し召し」をはかり損ねて、結局かぐや姫の心を悲しませます。

私たちは、聖書をよく読み、牧師の導きに聴き、「神」のお考えをよく悟って今週も歩みたいものです。


共に祈りましょう。

すべてのものの上にいます大いなる神よ。今日も、悩み、迷い、揺れ動くわたしたちを、御言葉と御霊によって正しく導いてください。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年11月27日 ローマ15:1-3
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR