FC2ブログ
2013. 11. 30  
日曜日に与えられた御言葉を振り返りましょう。

たくさんの人に癒しの恵みを与えてくださったイエス様のお姿の内に、『彼はわたしたちの煩いを負い、わたしたちの病を担った。』というイザヤ書53章の預言が成就していると、マタイは伝えます。

まさに、自らの健康をかえりみることなく、隣人の病を自分の身に引き受けるかのように、ヘトヘトになりながらも真夜中まで癒しの業に明け暮れた、イエス様のお姿を思います。

そのお姿は、十字架の上で、ご自身の命を使い果たしてくださった、まったき献身のお姿に通じます。

イザヤ53:12に、その十字架の主の献身が予告されていました。「彼が自らを投げ打ち死んで、罪人の一人に数えられた。」

「投げ打つ」とは、「かめの水をすっからかんにカラッポにする」という時にも使われる言葉です。

まさにそのように、イエス様は十字架上で、ご自分の命をすっからかんになるまで使い果たしてくださいました。

それは、私たちに、命を与えるためです。

「罪」という、根源的な病を癒すためです。

あなたはすでに、そんな究極の癒しの中に置かれています。


共に祈りましょう。

愛する主よ、今週のすべての歩みも、大いなる癒しの手の中で導かれてきたことを思い、感謝をいたします。イエスの命の代価によってあがなわれたこの人生を、精一杯生き、あなたの栄光を表すことができるようにしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年12月3日 詩篇37:23-24
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR