FC2ブログ
2013. 12. 25  
昨日のキャンドル・サーヴィスは、本当に祝福された夜でした。

真っ暗な礼拝堂を照らす、小さなロウソクの光を見つめると、やはりこの言葉を思い出します。

「光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。(ヨハネ1:5)」



クリスマスの夜に、この暗い暗い世界に、イエス・キリストという小さな光がともされました。

しかし、この暗い世界は、深い闇を抱えた人間たちは、この光のありがたさを理解せず、そして、拒みました。

あらゆる倫理が狂い、みんな自分のことに必死で、人々の愛が冷えています。

世の秩序がまったく覆って、すっかり闇の中にあるというのに、キリストに何ができる?(詩篇11:3参照)

キリスト者に何が出来る?この時代に宗教が何の力を持つ?永遠の命に生きるということに何の魅力がある?・・・・

こんな風に、光を受け入れなかったのは2013年の日本だけではありません。最初のクリスマスの夜から、ずっとそうだったのです。

しかし、「理解しなかった」と訳されている言葉には、「阻止できなかった」という意味もあります。

暗闇はいつも、光をのみこもうとします。しかし、光を阻止することはできなかった・・・。

神がともしてくださった小さな小さな光は、決して暗闇に打ち負かされることなく、2000年の時を越えて、今も輝き続けているのです。


共に祈りましょう。

主よ、今日もあなたの命の光で、この暗い世界を照らしてください。私の中の深い闇を照らしてください。今、病の中で、試練の中で、暗闇に襲われている者にも、希望の光を見出させてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年12月26日 イザヤ63:7-9
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR