FC2ブログ
2014. 01. 22  
私たちに与えられる信仰の「喜び」ということを、よく伝えてくれるエピソードを教えていただきました。

ある方の知人で、若いクリスチャンのご夫妻の話です。

昨年末、赤ちゃんが与えられたのですが、肺に羊水が溜まっていたため、生まれてすぐに治療できる病院へと搬送され、その後も呼吸不全が続いたりで、生死をさまよっていたようです。

この間、ご夫妻の信仰が試されたそうです。

自分の子が死んでもハレルヤと主に感謝をささげることができるか・・・。



しかし、この子が死んでも生きても、御心のままになりますように、と祈れるようになったとき、死の恐怖から解放され、心に平安と喜びがきたそうです。

神様からの平安と喜びはこの世のものが与えることのできないものだということを、初めて経験したそうです。



私たちにも今日、信仰が試されることがあるかもしれません。

でもその経験を通して、この世のものが決して与えることのできない、「信仰の喜びと平和」に至ることができますように。

ローマ15:13の御言葉をもって、共に祈りましょう。

「希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とであなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせてくださるように。」

スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年1月23日 ヤコブ1:2-4
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR