FC2ブログ
2014. 02. 19  
今日は、朝夜の祈り会があります。神との豊かな語らいのために、ぜひご参加ください。

また、今日は午後のひと時、K姉宅で病床聖餐式を行います。

参加できる方は限られますが、病と闘うK姉の、魂の平安のためにお祈りください。

その聖餐式の際に、このローマ8:22-25を分かち合いたいと思っています。


被造物がすべて今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっていることを、わたしたちは知っています。
被造物だけでなく、“霊”の初穂をいただいているわたしたちも、神の子とされること、つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます。
わたしたちは、このような希望によって救われているのです。見えるものに対する希望は希望ではありません。現に見ているものをだれがなお望むでしょうか。
わたしたちは、目に見えないものを望んでいるなら、忍耐して待ち望むのです。


神に背き続ける人間の罪ゆえに、被造世界全体が呪われ、うめいています。

その中で、私たち自身も、うめいています。

病気に苦しみ、無力に悩み、生きる空しさに疲れ、互いに傷つけあい・・・そんな風に、罪の「悲惨」を味わい、うめいています。

しかし、キリストから聖霊を受けた私たちには、希望があるのです。

主は必ずや、私たちを「神の子」として回復し、やがて復活の時、この貧しい肉体までも栄光の体に変えてくださる・・・。

そんな、輝きの時の到来をいつも望み見ているから、「現在の苦しみは取るに足らない(18節)」と、パウロは言うことができたのです。


共に祈りましょう。

主よ、見える現実の中で、誰もが罪の悲惨に苦悩し、うめいています。主よ、その中で私たちに、見えないものを待ち望む強靭な信仰をください。そして、今日という日の現実に、しっかり立ち向かわせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年2月20日 創世記16:8
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR