FC2ブログ
2014. 03. 21  
テモテへの手紙Ⅱの2章8~13節の御言葉を贈ります。とても大切な言葉です。

ここには、今まさに迫害を受け、いずこかの牢獄で鎖につながれているパウロから、教え子テモテへ贈られた言葉があります。

パウロの心は少しも折れていません。彼は確信してやまない。

死者の中から復活されたイエス・キリストの、決して負けることのない命の力に、自分は永遠にあずかっていることを確信してやまない。

「イエス・キリストのことを思い起こしなさい。

わたしの宣べ伝える福音によれば、この方は、ダビデの子孫で、死者の中から復活されたのです。

この福音のためにわたしは苦しみを受け、ついに犯罪人のように鎖につながれています。しかし、神の言葉はつながれていません。

だから、わたしは、選ばれた人々のために、あらゆることを耐え忍んでいます。彼らもキリスト・イエスによる救いを永遠の栄光と共に得るためです。

次の言葉は真実です。

『わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、/キリストと共に生きるようになる。

耐え忍ぶなら、/キリストと共に支配するようになる。

キリストを否むなら、/キリストもわたしたちを否まれる。

わたしたちが誠実でなくても、/キリストは常に真実であられる。

キリストは御自身を/否むことができないからである。』」


共に祈りましょう。

主よ、生きる限り私たちは、キリストのゆえに死にさらされますが、復活の命の力を注いでくださって、最後まで耐え忍ばせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年3月22日 Ⅰペトロ2:20
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR