FC2ブログ
2014. 03. 25  
旧約聖書においてしばしば、神は「全能の神」という名で呼ばれます。

「全能の神」と翻訳されているのは「エル・シャダイ」という語で、元来は「十全なる方」というような意味ではなかったかとも言われます。

十全・・・、つまり、まったく十分に恵みと祝福を満たしてくださる方。

私たちに対して、100%の愛で向き合ってくださる方、ということです。


およそ1800年前、リヨンの教会を指導したエイレナイオスという有名な教父が、こういう言葉を残しています。

「あたかも何らかの必要を感じているかのように、神がわたしたちに何かを要求なさることはけっしてありません。

むしろ、神との交わりを必要としているのはわたしたちの方なのです。

父である神は、わたしたちをその胸の中に抱き寄せるために、純粋な慈愛からご自身を惜しみなくお与えになります。」


最後に、ローマ書8:32の御言葉をいただいて、一日に向かいましょう。

私たちの味方でいてくださる神は、「すべて」を与えてくださる方です。

「わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまずに死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。」


共に祈りましょう。

主よ、今日もあなたの慈愛で、わたしたちのすべてを満たしてください。不安を覚える者を背負ってください。痛みに苦しむ者にやさしく触れてください。主よ、あなたにおゆだねします。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年3月26日 歴代誌下20:15-17
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR