FC2ブログ
2014. 04. 08  
K姉が、4月6日に天へ召されました。

最後は、本当に苦しい病との闘いがありましたが、今は主イエスのもとで完全な慰めを与えられ、休んでおられます。

闘病中、Kさんが大事にされていたのが、フィリピ4:4-7の言葉です。

「主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。あなたがたの広い心がすべての人に知られるようになさい。主はすぐ近くにおられます。どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。」

特に、「主はすぐ近くにおられます」という言葉に、慰めを覚えておられました。


この地上で、わたしたちにはたくさんの思い煩いが与えられます。苦しみが与えられます。

祈っても祈っても、かなえられないこともあります。K姉の病が癒えなかったように・・。

でも、本当に「人知を超える」神のご配慮によって、思いもかけない仕方ですべてが備えられ、姉妹の思い煩いが取り除かれていったことを、私は証しできます。

すべてのことは、大いなる主の手の中にあるのです。

だから、何が起ころうとも、主において、常に喜んでまいりましょう。


共に祈りましょう。

主よ、私たちの愛する姉妹に、永遠の安息を与えてくださったことを感謝します。姉妹の信仰の証しに励まされ、私たちも今日を生きます。すべてをあなたに委ねて、喜んで生きることができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年4月9日 イザヤ53:3-5
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR