FC2ブログ
2014. 04. 16  
今週は受難週です。

ハイデルベルク問37によれば、主イエスは、その地上での御生涯のすべての時に、とりわけその終わりにおいて、

全人類の罪に対する神の御怒りを体と魂に負われました。

それは、この方が唯一のいけにえとして、ご自身の苦しみによって、

わたしたちの体と魂とを永遠の刑罰から解放し、

わたしたちのために、神の恵みと義と永遠の命とを獲得してくださるためでした。


昔、旧約の神殿祭儀においては、羊の頭に手を置いて、神の前で自分が償うべき罪を羊に負わせました。

その羊を屠ることで、自分の身代わりとしたのです。

そういう旧約時代のいけにえ制度によって与えられる罪の赦しと解放は、まだ不完全なものでした。

イエス様の十字架の犠牲によって、ついにそれは完全なものとして成就しました。

もういけにえを繰り返す必要はありません。キリストが、ご自身を唯一のいけにえとしてささげてくださいました。

「・・たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。この方こそ、わたしたちの罪、いや、わたしたちの罪ばかりでなく、全世界の罪を償ういけにえです。(Ⅰヨハネ2:2)」


共に祈りましょう。

十字架の主イエスよ、あなたの唯一無比の犠牲により、たとえ罪を犯しても赦される・・。この恵みを感謝します。どうかこの一日、あなたへの感謝をもって、罪を犯さないようにできますように、私たちを導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年4月17日 創世記1:27
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR