FC2ブログ
2014. 04. 22  
今年のイースターは、死の向こうにある命を望み見る、ということを強く意識しました。

目には見えない、「永遠」の世界を仰ぎ望む思いが、私の中でここ数年どんどん大きくなっています。

クリスチャンになるまでは、私は死後の世界など一切関心がない、現実主義者でした。

牧師になってからも、やはりどこかで、目に見える現実の希望だけを追いかけて、聖書に向き合っていました。

しかし、聖書にはこう書いてあるのです。

「この世の生活でキリストに望みをかけているだけだとすれば、わたしたちはすべての人の中で最も惨めな者です。(Ⅰコリント15:19)」

そして、キリストの復活を信じなさい。またあなたも復活させていただけることを信じなさい、とすすめられています。


「復活」や「永遠の命」ということが、自分にとっての希望としてまだ受け取れない・・そういう方もいるでしょう。

しかし、牧師として何人かの方の死に立ち会ったりしてきた中で、私には、Ⅰコリント15:19の御言葉は確かに本当だなと思えるようになりました。

この世の生活を超えた希望が与えられていることは、本当に感謝だなあと思います。


共に祈りましょう。

私たちのために死んでよみがえってくださったイエス・キリストに感謝します。主が開いてくださった命の道を、今日も歩ませてください。復活の希望で、この一日を明るく照らしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年4月23日 Ⅰコリント15:40,43,51
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR