FC2ブログ
2014. 05. 07  
誓約の第五は、礼拝と奉仕の生活への「献身」です。

⑤あなたは、最前をつくして教会の礼拝を守り、その活動に奉仕し、教会を維持することを、約束しますか。


第四の誓約は、キリストのしもべとしての新しい人生を生きていくという誓いでしたが、

それは具体的にどういう人生かというと、「神への礼拝と奉仕」を喜ぶ人生です。

私は教会に来て最初に驚いたのは、クリスチャンが毎週欠かさず礼拝を守っていることでした。

しかも、長老・執事をはじめ、みなさんが、うどんを作ったり、チラシを配ったり・・無給で教会活動に精を出していました。

「義務を守っていてえらいなあ」と最初は思いました。

でもやがて分かるのは、「義務」であるということより、この方々にとってこれは「喜び」なのだということでした。

しかも、これはサークル活動のような「自己実現と交流」のための活動とは決定的に違う、お一人お一人の神様への「献身」なのだと、だんだん分かってきました。

ローマ12:1の御言葉が、すべての鍵をにぎっています。

「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。」

後日、再びこの聖句を取り上げます。よく覚えておいてください。


共に祈りましょう。

主よ、あなたの栄光のために生き、あなたの目で世界を見て、あなたに喜んでいただけるように、今日もこの貧しい心と体を動かすことができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年5月8日 マタイ16:18
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR