FC2ブログ
2014. 05. 20  
先週土曜日、東関東中会の女性の会修養会に参加しました。

そこで、他教会の一人の姉妹から、ホームページに掲載している「日々の御言葉」を、毎日読んでいますとの、うれしい報告をいただきました。

この「日々の御言葉」は、私たちの心に、御言葉が「貯金」されていくことを願って、継続しています。

そういえば、土曜日の修養会で、講師の山内長老(医師)もこんなことを言っておられました。

「御言葉を心に蓄える」

死を間近にした方々と向き合う時に、その蓄えられた御言葉だけが、口から出てくるのです、と。

それは、伝道という場面だけではなくて、私たち自身の試練や困難、また死と向き合う場面でも同じですね。

心に蓄えられた御言葉は、いざという時に輝きだし、内なる神の語りかけとなります。

聖霊は、そんな血肉化した御言葉を通して、慰めと希望をもたらしてくださいます。

ヤコブ書1:21の言葉は真実です。

「だから、あらゆる汚れやあふれるほどの悪を素直に捨て去り、心に植え付けられた御言葉を受け入れなさい。この御言葉は、あなたがたの魂を救うことができます。」


共に祈りましょう。

主よ、今日も私たちの心に、あなたの恵みの御言葉を植え付けてください。この心にしっかりと、あなたの御言葉が蓄えられますように。御言葉によって、今日もどんな時も、強く雄々しくあることができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年5月21日 イザヤ55:1-3
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR