FC2ブログ
2014. 05. 31  
日曜日の御言葉を思い返しましょう。

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしのくびきを負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。(マタイ11:28-29)」

この有名な言葉は、実は、悔い改めへの招きの言葉だと申し上げました。

わたしのもとで、神を見つめ直しなさいという招きです。

あなたは神を見失っている。そして自分を見失っている。だから、疲れてしまっている・・。

神を見つめなおしなさい。自分を見つめ直しなさい。

それは、柔和=神に委ねきった人である、イエス様と同じようにしなさいという招きでもあります。

柔和なわたしに学びなさい。神との内的一致に生きる人間の、充実、平安、強さ、やさしさ・・を知りなさい。

あなたも幼子のようになって、神との関係を回復させていただきなさい。

その時、あなたは永遠の安らぎを得る。

あなたが願っていたどんな安らぎよりも深く、やさしい、あなたの魂を完全にいやし、憩わせてくださる神の安らぎを得るだろう。

・・・そういう、根源的な悔い改めの招きなのです。


共に祈りましょう。

主よ、今週もあなたを見失ってばかりで、くたくたになってしまっている私たちです。このかたくなな心を、あなたへと向かわせてくださって、永遠の安らぎへと至らせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年6月3日 ヨハネ14:6
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR