FC2ブログ
2014. 06. 05  
第二の誓約「あなたは、自分が神の御前に罪人であり、神の怒りに値し、神の憐れみによらなければ、望みのないことを、認めますか。」

私たちは罪人であると、聖書には教えられます。

それは、神様がくださった「律法=おきて・教え・道」があるのに、それを守っていないから「有罪」だという意味です。

こういう「律法」が、実はすべての人間の心に生まれながらに教えられていると、ローマ2:11-15は教えてくれます。

リヴィングバイブルが分かりやすく訳してくれています。

「神様はどんな罪も罰します。(聖書を知らぬ)外国人が罪を犯した場合、たとえ彼らが、文字に書かれた神様のおきてを知らなくてもです。彼らは心の奥底では、正しいことと悪いこととを区別できるからです。心の中には、神様のおきてが書かれてあるのです。つまり、彼らの良心が、彼らを責めたり、また時には弁護したりするわけです。・・・


ここでいう「良心」というのは「善良な心」ということではなく、「こんなことしていたら神に裁かれる・・」と注意報を流す、センサーのようなものです。

今、注意報が鳴っている方がいらっしゃるなら、どうかそれをないがしろにしてしまわないで、

聖書に正確に示された神の「律法」と向き合い、神の前での自分の罪深さを考えてみましょう。

そこから、命の道は始まります。


共に祈りましょう。

主よ、良心の呵責を覚えながらも、罪を重ねてしまうようなこの罪人を赦してください。自分の力では方向を変えることもできません。どうか今日も、聖霊の導きによって、自分の罪と向き合わせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年6月6日 ルカ15:20
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR