FC2ブログ
2014. 06. 06  
第三の誓約「あなたは、主イエス・キリストを、神の御子、また罪人の救い主と信じ、救いのために、福音において提供されているキリストのみを受け入れ、彼にのみ寄り頼みますか。」

イエス・キリストは、罪人の救い主として、神が与えてくださった方です。

イエス様という方は、神から差しのべられた「手」そのものだと、私はしばしば申し上げています。

これは、独自の表現ではなく、リヨンのエイレナイオスやアウグスティヌスといった、古代の偉大な教父が用いた表現です。


「ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐れに思い、走りよって首を抱き、接吻した。(ルカ15:20)」

これは、有名な「放蕩息子のたとえ」の一節ですが、アウグスティヌスはこう解き明かします。

「なぜ父親は憐れみ、心動かされたのでしょう。それは、息子のみじめさに打ちひしがれたからです。

『父親は息子に走りよって首を抱いた』。そう、父親は腕を伸ばし息子の首に抱きついたのです。

御父の腕、それは御子です。・・・」


神を嫌がり、神から離れてみたものの、結局ひとりでは生きていけないで・・・、ボロボロになり、病んでいき、惨めで、孤独で・・・。

そんな「罪人」たちに、いてもたってもいられず、差しのべられた神の救いの手。

それが、イエス・キリストです。


共に祈りましょう。

憐れみ深い父なる神よ、今日、惨めで孤独で、自分の罪深さを嘆いている者がいましたら、その力強い御腕で、救いの光の中へと導き出してください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年6月7日 黙示録21:1-4
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR