FC2ブログ
2014. 06. 14  
昨日、私が教えていただいている山口陽一先生による「実業の日本に生きたキリスト者列伝」という、大変おもしろい講演を聞くことができました。

「ノリタケ」の創立者、森村市左衛門。歯磨きの「ライオン」の小林富次郎。「グンゼ」の波多野鶴吉・・他にもたくさんいらっしゃいます。

キリスト教を経営理念に反映し、社会の公益のため、また伝道のために「実業」に励んだ方々の生涯は、いずれも興味深いです。

その中でも、「キャラメル王」森永太一郎の純粋な信仰の姿には心打たれます。

彼は渡米し、オークランドで回心しますが、「キリスト信者の信じているイエス・キリストが、今も活ける救い主ならば、生ける主なることを知らしてください」と真剣に祈ったそうです。

主はその祈りに応えてくださって、「汝の罪は赦されたり、汝の名は天にある生命の書に録されたり」との御声が電光石火のごとく閃き、私は喜びに満たされたと、自著に書いておられます。

森永は創業時、Ⅰテモテ6:6-12を掲げて、戒めにしていたそうです。

「信心は、満ち足りることを知る者には、大きな利得の道です。・・・金持ちになろうとする者は、誘惑、罠、無分別で有害なさまざまの欲望に陥ります。その欲望が、人を滅亡と破滅に陥れます。金銭の欲は、すべての悪の根です。金銭を追い求めるうちに信仰から迷い出て、さまざまのひどい苦しみで突き刺された者もいます。」

しかし、事業の成功とともに誘惑に陥り、酒におぼれ、彼は信仰から迷い出てしまいます。

でもそんな彼を、信仰の友がたずね、祈り励まし、彼は悔い改めに導かれるのです。

森永家の墓は青山霊園にあるそうですが、墓石には「罪人 中我 首(かしら)」と刻まれているそうです。

Ⅰテモテ1:15「わたしは、その罪人の中で最たる者です。」


共に祈りましょう。

今週も今日まで守られ感謝します。先人たちの生涯に示されたあなたの栄光の証しに感謝します。彼らと共におられたあなたが、私たちとも共にいて、地の塩世の光としてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年6月17日 ルカ15:24
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR