FC2ブログ
2014. 06. 18  
昨日わたしは何人かの方と語らって、「教会」が存在していてよかったなあ・・、「教会」はやっぱり必要だ・・、としみじみ思いました。

ここでいう「教会」とは、生身の兄弟姉妹の存在であり、群れを導く牧師の存在であり、みんなが集まる具体的な場所としての会堂です。

つらくてどうしようもない時に、牧師と共に祈りたいと、立ち寄ることのできる場所です。

理屈をこえて、神様からの恵みと慰めを受けることができる、礼拝のなされる場所です。


「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。(詩篇133:1)」

これは、主の家である神殿において、兄弟姉妹と共に礼拝できる・・、ただそのことの喜びが胸に迫ってきた人の歌です。

今私たちは、神殿ではなく、会堂に集まり、みんなで同じ神を見上げて座ります。

聖霊は、そういう「教会」に、人知を超えた平安を満たしてくださいます。


第5の誓約は、そんな具体的な場所としての会堂を維持し、牧師の生活を支えることを促すものです。

「⑤あなたは、最善をつくして教会の礼拝を守り、その活動に奉仕し、教会を維持することを、約束しますか。」

救いを必要とするすべての魂のために、また自分自身の魂のために、「教会」をこれからも維持していきたいと思いました。


共に祈りましょう。

教会のかしらなる主イエスよ、あなたが立ててくださった牧師を感謝します。あなたが建ててくださった会堂を感謝します。そして、あなたが与えてくださった兄弟姉妹を感謝します。主よ、私たちの「教会」をこれからも強く導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年6月19日 Ⅰコリント12:4-7
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR