FC2ブログ
2014. 06. 26  
「あの手紙によってあなたがたを悲しませたとしても、わたしは後悔しません。・・・あなたがたがただ悲しんだからではなく、悲しんで悔い改めたからです。

あなたがたが悲しんだのは神の御心にかなったことなので、・・・神の御心にかなった悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします。

神の御心にかなったこの悲しみが、あなたがたにどれほどの熱心、弁明、憤り、恐れ、あこがれ、熱意、こらしめをもたらしたことでしょう。(Ⅱコリント7:8-11)」


パウロはコリント教会の人の不正や過ちを厳しく追求する「手紙」を書いたようです。

その結果として、教会の人たちは「悲しんだ」。

でもそれは「神の御心にかなった悲しみ」であり、彼らを悔い改めに導いたようです。

彼らは、自分が神を悲しませてしまっていたことを知り、悲しんだのです。

その意味で、神へと垂直に向かう悲しみです。

それとは違って、自分にばかり向かう悲しみもあります。

「とんでもないことになった・・」と結果を後悔したり、「こんな自分はダメだ・・」と自分を責めたり・・、そんなことをぐるぐると繰り返している・・。

でも、そうではいけないのです。それでは、イスカリオテのユダと同じです。

そんな自分をなお愛してくださり、「あなたにはそのままではいてほしくないのだ」と語りかけ続けてくださる、神へと心を向けたいのです。


共に祈りましょう。

主よ、自分の罪や恥が暴かれることは恐れても、あなたを恐れてはいないような、まことに不誠実な者たちです。あなたを悲しませてしまっていることを、悲しみます。どうか今日一日、あなたに喜ばれる歩みをなさせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年6月27日 ヨハネ5:14
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR