FC2ブログ
2014. 06. 28  
恐るべき迫害者だったサウロが、突然に光に打ちのめされて回心し、使徒パウロになります。

使徒言行録22章で、パウロはその時の体験を振り返ります。

その回想によれば、彼が回心の途上で最初に口にしたのは「主よ、どうしたらよいでしょうか(10節)」だったようです。

悔い改めが生じると、心に変化が起こり、生き方そのものに変化が起こります。

「自分が何をしたいか」ではなく、パウロのように、「主が何を求めておられるか」をたずねもとめるようになります。


でも、何よりの変化は、主に従いきれぬ自分の罪の深さの自覚です。

悔い改めをすればするほどに、自分の悔い改めがいかに貧しく、自分の変化がいかに不完全かを知るのです。

そうであるからこそ、私たちにはイエス・キリストの救いが必要なのです。

Ⅰテモテ1:15にあるパウロの言葉から、そんな彼の変化がよく分かるのです。

「『キリスト・イエスは、罪人を救うために世に来られた』という言葉は真実であり、そのまま受け入れるに値します。わたしは、その罪人の中で最たる者です。」


共に祈りましょう。

主よ、私は、悔いてはまた罪を犯し続ける、まことに情けない、罪人の最たる者です。今週の歩みを赦してください。主よ、願います。あなたの憐みによって、私を御心にかなう者に変化させてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年7月1日 士師記6:14-16
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR