FC2ブログ
2014. 07. 23  
神様の創造の御業を考える時、ローマ4:17は、大切な聖句です。

「死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神を、アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。」

存在していないものを呼び出して存在させる・・・

口語訳では、「無から有を呼び出される」とあります。

神はそのような、私たちが持っていない力を持っておられます。

人間には、何も無いところから、命を作り出すことはできません。

1952年、シカゴ大学のミラーとユーレイは、30億年前の地球の状態を実験室で模擬的に作り出すことに成功しました。

水素とメタン・アンモニアガスを混ぜた沸騰水の中に電荷を加えると、一週間後その液体の中に生命の元素である有機化合物を含むアミノ酸を確認したというのです。

しかしそれはDNAのような精巧な分子にはほど遠いものです。

しかもそれは、そこに材料が存在していたからこそ起こりえたに過ぎません。

存在していないものを存在させること・・、無から有を生じさせることは、人間には不可能なのです。

信仰の父アブラハムは、そのような人知を超えた創造の神を、自分の救い主として信頼しきって、「希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じた」のです(ローマ4:18)。


共に祈りましょう。

無から有を生み出される大いなる主よ、あなたに信頼いたします。今日も私たちの思いを超えて、必要なすべてを満たし、最善の導きをお与えください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年7月24日 箴言20:24
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR