FC2ブログ
2014. 07. 26  
来週からしばらくキャンプなど続きますので、9月9日まで配信をお休みさせていただきます。

暑さが本当に厳しいですが、夏の間の諸行事が守られ、皆さんに喜びが豊かにありますように。
******

明日は「子どもと共なる礼拝」です。子どもメッセージでは、私たちが神の家族に加えられて「神の子」とされている喜びを、共同体全体で確認したいと思います。

近年、「神の子とされる」という教理が注目を集めています。

「神の子とされる」ということにこそ、救いの究極的な喜びがあると、言われるようになってきました。

カルヴァンは、自身の遺言においてこう語っています。

「わたしには、理由なしに子としてくださった神の恩恵のほかには、救いのためにどのような砦も避けどころもない。わたしの救いはただこの恩恵(=神の子とされたという恩恵)にのみ依拠している。」

彼にとって、「わたしは神の子とされている」という恵みの事実こそが、最大にして究極のよりどころでした。

大いなる神が、キリストの贖いゆえに、この小さく罪深いわたしの、お父様になってくださった。

わたしは、この父に愛されている神の子なのだ・・・この確信が、死の恐れをも取り除く、究極の慰めをもたらしました。

この「神の子とされる」喜びに、深まっていっていただきたいと願います。

「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実またそのとおりです。(Ⅰヨハネ3:1)」


共に祈りましょう。

主よ、わたしの大いなる父よ、今日もあなたの子どもとして、あなたと共に歩んでいきます。お父様、すべてを守り、慈しみをもって私たちを導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年9月6日 詩篇119:130
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR