FC2ブログ
2014. 09. 18  
十戒の第二戒は、刻んだ像を造ってはならないです。これは、純正な礼拝のための戒めです。

「あなたはいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、下は地にあり、また地の下の水の中にある、いかなるものの形も造ってはならない。あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない。(出エジプト20:4-5)」

どうして像を造ってはならないか。

それは、偉大な神を引き下げて、自分の手の中におさめることになるからです。

奈良の東大寺の大仏は、本当に大きいですね。

あれは、毘廬舎那(びるしゃな)如来という、宇宙大に広がる仏を形にあらわしたものです。

その偉大さをなんとか形に表したいと、あれだけ大きくなったのですね。

あのようなものを作り上げた古代人の叡智と信仰には、学ぶべき点も多くあります。

でも、どれだけ大きく造ろうとしても、そこには人間の限界があります。

そして、見えない神様を見える形にあらわすならば、それは結局、私たちの想像の範囲を超えません。

そういう人間の限界の中に、偉大な神を引き下げることになってしまいます。

神の愛、栄光、正義、希望・・その偉大さ、すばらしさは、決して形に表せないのです。


共に祈りましょう。

見えない神よ、私たちにあなたは見えなくても、あなたは私たちを見ていてくださいますから、感謝します。大いなる神よ、今日も私たちの思いをはるかに超えた、最善の導きをお与えください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年9月19日 ローマ15:4
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR