FC2ブログ
2014. 09. 19  
偶像崇拝を禁じる第二戒を、引き続き考えましょう。

出エジプト記32章に、金の子牛の故事があります。

エジプトから救出され、シナイ山で神との契約を結んだイスラエルの民。・・・でもその直後に、金の子牛の像を造り、みんなで拝むという大失態を演じました。

これは、異教の神を拝もうとしたのではないと思います。

主なる神様が共にいてくださることを、目に見える形で確認したくて、像を造ったのです。

私たちには、こういう弱さがあります。

見えない神を、見えないままで信じ続けることのできない弱さです。

しかし私たちには、神が生きておられることを確かに教えてくれるものが、与えられています。

それは、聖書の御言葉です。

私たちは、像ではなく、言葉によって、神を知り、神を礼拝することへと招かれています。

「かつて書かれた事柄は、すべてわたしたちを教え導くためのものです。それでわたしたちは、聖書から忍耐と慰めを学んで希望を持ち続けることができるのです。(ローマ15:4)」


共に祈りましょう。

主よ、今日も御言葉によって私たちを励まし、信仰の確信を増し加えてください。心が騒いでいる者も、聖書を通して光を受け、その心が照らされますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年9月20日 ヨハネ1:18
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR