FC2ブログ
2014. 09. 26  
神の御名をみだりに唱えてはならないとの、第三戒を考えています。

アメリカでは、「Jesus」というイエス様の偉大な御名が、非常に悪い口汚い言葉として用いられます。

Oh,Jesus!!といえば、「くそっ、むかつくぜ」・・・。悲しい限りです。

イエス・キリスト、この御名は 私たちが呼びかけるべき神の名です。

神が与えてくださった、もっとも親しく、あたたかい名です。

神の名の意味が「わたしはある」であるように、イエス様も「わたしはある」と言われました(ヨハネ8:24)。

そしてまた「世の終わりまでいつもあなたがたと共にいる」、そう言われました。

この名に呼びかける者は、いつでもその約束を思い出すことが出来ます。

この名に込められた、神の救いの意志を確認します。

だからこの名に呼びかける者たちは、決して暗闇に沈むことはありません。

「ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。(使徒言行録4:12)」

そういうお名前だとわきまえて、心をこめて「イエス様!!」と呼びかけたいと思います。


共に祈りましょう。

イエス様、心を込めて、あなたの偉大な御名をあがめます。あなたの名を呼ぶ、貧しい魂の叫びを、どうか聞き入れてください。

重荷を負う者、痛んでいる者を、お守りください。イエス様!!・・・
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年9月27日 詩篇34:2-4
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR