FC2ブログ
2014. 09. 27  
神の名をみだりに唱えることなかれ、との第三戒を考えてきました。

最後に、明日の礼拝に向けて思いを整えるために、この戒めを受け取りなおしましょう。

礼拝においてこそ、神の名を呼ぶということの、本当のすばらしさが味わわれます。

招きの言葉において、神は名乗り出てくださり、わたしの名を呼べと招いてくださいます。

私たちは三位一体の神の名に呼びかけ、イエス・キリストの名を通して祈ります。

まことをもって神の名を呼ぶ、その切実な祈りには、御言葉の説教を通して、必ず答えが与えられます。

「わたしはここにいる。あなたのために、あなたと共に、いつもここにいる」との、神の名に込められたメッセージが、あなたの魂に語りこまれます。

祈りと賛美と感謝と、畏れと敬虔をもって、神の名を呼ぶのです。


どのようなときも、わたしは主をたたえ
わたしの口は絶えることなく賛美を歌う。
わたしの魂は主を賛美する。
貧しい人よ、それを聞いて喜び祝え。
わたしと共に主をたたえよ。
ひとつになって御名をあがめよう。(詩篇34:2-4)


共に祈りましょう。

主よ、今週も今日までの歩みを感謝します。あなたの名を汚してばかりの日々であったことを、悔います。今改めて、この貧しい魂を立て直してください。。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年9月30日 出エジプト20:8-10
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR