FC2ブログ
2014. 10. 04  
今週、安息日の恵みについて考えてきました。

安息日を休むのは、神が休まれたからだと言われています。

「安息日を心に留め、これを聖別せよ。・・七日目は、あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。・・六日の間に主は天と地と生みとそこにあるすべてのものを造り、七日目に休まれたから、主は安息日を祝福して聖別されたのである。(出エジプト20:8-11)」


私は庭いじりが好きなのですが、一仕事終えた後の休憩は、実にいい気分です。

デザインどおりに植栽された植物が、これからどう育っていくか楽しみにしながら、満足感に浸る。

神様にとっても、天地の創造を終えられた後のお休みは、そんな喜びの一日だったでしょうか。

神は満足をもって、「すべては極めて素晴らしい!!」と、天地のすべてを喜んでくださいました。

安息日は、そんな神の喜びの声が響く時です。

その喜びに励まされ、世界と自分とを喜ぶ時です。

そして、神の賛美に呼応するようにして、大きな声で、神をほめたたえる時です。

明日の礼拝に、そんな思いをもって集いたいですね。

集うことのできない方にも、神の喜びの声が聞こえますように。


共に祈りましょう。

主よ、あなたの最愛の作品として生み出され、喜んでいただく、自分の存在の尊さを思い、感動します。今日も私たちを喜んでください。今、自分を大切にできない人がいましたら、どうか励ましてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年10月6日 使徒言行録17:22-32
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR