FC2ブログ
2014. 10. 31  
「一人の人を愛しぬく真実」の教えとして、第七戒「姦淫することなかれ」を考えています。

若い女性と結ばれたいために、古くからの連れ添ってきた妻を裏切って離縁する・・・。

旧約のマラキ書2章10~16節は、そんな嘆かわしい振る舞いがはびこった時代に語られた、神の怒りの言葉です。

「彼女こそ、あなたの伴侶、あなたと契約をした妻である。・・・あなたたちは自分の霊に気を付けるがよい。あなたの若い時の妻を裏切ってはならない。(マラキ2:14-15)」

裏切ってはならぬと、厳しく教えられます。

イエス様もまた、この教えを大変厳しく徹底されました。

なぜかといえば、そういう妻への誠実と、主なる神への誠実は、密接につながっているからです。

マラキ書で問題になっているのも、単に若い女性ではなく、異教の神を信じる若い女性です。

ですから、古くからの伴侶への背信は、同時に、主なる神への背信でもありました。

繰り返し申していますが、神との垂直な関係は、人との水平な関係を規定します。

ただお一人の神だけ愛し、愛されるという生き方が、「伴侶を裏切らない」という選択を導きます。


共に祈りましょう。

主よ、あなたに対しても、伴侶に対しても、そしてすべての隣人に対しても不誠実な私を赦してください。どうか、ただ一途に愛し愛されるということの喜びを、私たちに教えて下さい。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年11月1日 エフェソ5:25、31-32
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR