FC2ブログ
2014. 11. 14  
第九戒「隣人について偽証してはならない」との戒めを考えています。

隣人の名声を守るということについて、考えさせられたエピソードを紹介します。

在日朝鮮人のある牧師が、こう言っていたそうです。

昨今のヘイトスピーチについて、言いたいことは山ほどある。

しかし、私たちのことをちゃんと知って理解してくれる人たちがいれば、それでいい。

それで、生きていける・・。

私たちは、今、不当に名声を傷つけられている人たちの痛みについて、もっとアンテナを広げたいと思います。

ヨブは、私の正しさを認めてくれと、友に訴えました。

「だが今は、どうかわたしに顔を向けてくれ。・・考え直してくれ、わたしの正しさが懸かっているのだ。(ヨブ6:29)」

そんな風に訴えておられる方が、私たちの周りにもいるかもしれません。


共に祈りましょう。

神よ、私たちはあまりにも鈍感で、名声を傷つけられている人たちの痛みについて無関心です。

様々な背景を持った方々を、キリストの愛をもって丁寧に理解し、互いの尊厳を守り合うことができるようにしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年11月15日 ヨハネ黙示録14:12,13
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR