FC2ブログ
2014. 11. 20  
第十戒「なんじ、むさぼることなかれ」を考えています。

この戒めは、隣人の持っているものをうらやんで「欲しがる」ことの問題を教えてくれます。

隣の家の芝生は青いと言いますが、「あの人ばかりいい思いして・・」とか、「わたしは何も持っていない・・」という思いは、悪魔に利用されます。

「ねたみ」の問題を考えることも大切です。

新約聖書では、「ねたみ」から離れなさいと、何度も繰り返し語られています。

ローマ12:15には「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい」とありますが、

泣く人と共に泣くことはできても、喜ぶ人と共に喜ぶのは至難の業です。

自分が持っていない幸福を手に入れた人のことを、共に喜べない・・嫉妬してしまう・・。

でも、そういう「ねたみ、嫉妬」から、悪いことが次々と始まります。

ヤコブ 3:16「ねたみや利己心のあるところには、混乱やあらゆる悪い行いがあるからです。」

どうしたらいいのでしょうね・・。「ねたみ」から離れられない自分が、どんどん惨めになります。

でも、そうやっていじいじして終わらずに、そんな私の罪深い惨めさをも覆ってくださる、神の愛へと目を上げることから、一日を始めましょう。


共に祈りましょう。

主よ、こんな罪深い私をも愛してくださることを、本当にありがたいと思います。あなたから愛されている自分自身を、いつも喜ぶことができますように。そして、「隣人の幸せを願う」愛をも与えてくださいますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014年11月21日 ヘブライ13:5
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR